ナイアガラの滝観光

        
Pocket

 

日本で世界三大瀑布と呼ばれる有名な滝のうちのひとつ、ナイアガラの滝(Niagara Falls)

※あとの2つは、南アメリカ大陸のイグアスの滝アフリカ大陸のヴィクトリアの滝

有名な観光名所であるナイアガラの滝とナイアガラの滝があるナイアガラ川は、トロントもあるカナダのオンタリオ州とアメリカのニューヨーク州の間の国境でもあります。

ナイアガラの滝がある市の名前は、オンタリオ州・ニューヨーク州ともにそれぞれナイアガラフォールズ市。

カナダ側にあるカナダ滝とアメリカ側にあるアメリカ滝の2つがメインの滝。

どちらもカナダ観光として楽しむことができますがアメリカ側にはルナ島という島を挟んだ、ブライダルベール滝という滝があり本来はこの3つまとめてナイアガラフォールズです。

カナダからアメリカ、もしくはアメリカからカナダへの出入国もレインボーブリッジという橋を利用すれば車や徒歩でできるので、アメリカ側からもナイアガラの滝を楽しめますしビザ変更手続きのための出国&再入国も可能。

※パスポートと入国手数料等が必要。

【レインボーブリッジ】

私はまだレインボーブリッジでの出入国を経験したことがないので、具体的な解説が出来かねますが、こちらのサイトがわかりやすいです。

※2009年時の情報のため、変更になっている場合があります。

 

トロントからは車で2時間程度。鉄道やメガバス等で行けますが、私はお得で便利なカジノバスをよく利用します。

カジノバスに乗る記事へ

 

観光のアトラクションとしては、外せないのが滝の間近まで迫れる遊覧船ホーンブロワー(HORNBLOWER)

4つの時間帯によって、乗船料金が異なります。

【アメリカ滝】

【カナダ滝】

⇒詳しくはトロント観光局公式日本語ブログ

また、ジャーニー・ビハインド・ザ・フォールズ(Journey Behind the Falls)という、滝の裏側や真横まで歩いて近づけるアトラクションもありますが、個人的にはホーンブロアーだけでも十分堪能できます。

ただし、冬期はホーンブロワーの運行がなくなり、ビハインド・ザ・フォールズも一部侵入できなくなります。

その理由が、これ。

凍ってしまうのです。

通常のナイアガラの滝も壮観ですが、凍った滝はもはや圧巻。

大自然をより感じられます。

【2015/2/28撮影】

また、ナイアガラの滝は通年で夜にライトアップが行われますが、

凍った滝のライトアップはより幻想的です。


【投射機】

夏のシーズンには花火があがります。

2015年のスケジュール

 

ナイアガラの滝近くには、クリフトンヒル(Clifton Hill)というテーマパークのような街並が広がっていて、これもナイアガラフォールズの魅力のひとつ。


【ギネス世界記録ミュージアム】

 【イケメン職人の技を見れるファッジファクトリー】

ただし、有名ホテル内の店舗で食事などする場合はご注意ください。

スターバックスのコーヒー等、通常より割高になっています。

【ホットチョコレートが美味しい
レインボーブリッジ近くのHERSHEY’Sショップ】

ナイアガラの名産は、寒い冬に凍った葡萄を使って作るアイスワインという甘いワイン。

ナイアガラの滝近郊にはワイナリーが多数あり、見学や試飲ができるワイナリーもあります。

【KONZELMANNのワイナリー】



行きたいワイナリーがあれば、ナイアガラの滝からはタクシーで行くのが良いかと思います。

また、同じくナイアガラの滝近郊のナイアガラ・オン・ザ・レイク(Niagara on the Rake)という可愛い街並の観光地でも、アイスワイン取り扱い店があります。

ナイアガラ・オン・ザ・レイクへは、WEGOというバスを利用すれば片道5ドルで行けます。

【Niagara on the Rake】



銘柄や製造年にこだわらなければ、トロント市内のワインストアやLCBO(酒スーパー)でもアイスワインは買えます。美味しいです。

 

Pocket

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA