ニューヨークDAY2(前半)




 

2015/4/14(前半)

目が覚めたのは8:30am頃でした。ホテルの朝ごはんは10:00amまで。

慌ててバスタブにお湯を溜め、念願の入浴!至福でございました。

ホテルの朝ごはんはビュッフェ形式。

↓ビュッフェの内容↓

↓宿泊ホテルについて↓

朝ごはんをしっかりいただいて、10:00am頃ホテルを出発。

まずは、昨晩通り抜けただけだったタイムズスクエア(Times Square)へ向かいます。

HERSHEY’Sm&m’sのお店を通り過ぎ、

 ここが世界一賑やかと言われる交差点、タイムズスクエア!

タイムズスクエアの名前の由来は、新聞社のニューヨークタイムズ本社があったから。

※タイムズスクエア本社は現在、すぐ近くの8th Avenue沿いに移転。

風俗街になってしまった時期もあったそうですが、1990年代半ばの市長さんの頑張りもあって、現在ではすっかり安全な観光名所のひとつです。

ニューイヤーズイブのカウントダウンの会場としても有名。

タイムズスクエアの看板はビジョンになっているものが多いので、ぼーっと眺めているだけで楽しめます。

見つけてしまいました、Disney StoreForever21

どちらのお店も大好きな私ですが、吸い寄せられるようにディズニーストアの中へ…。

日本のディズニーストアは大人向け雑貨も多数ありますが、海外のディズニーストアは大人向けはTシャツやパーカーの衣類がほとんどで、あとはドレスやオモチャなど子供向けの商品になります。

お店に入ると、映画公開中のCinderellaFROZEN(アナと雪の女王)がお出迎え。

フェアリーゴッドマザーのフィギュアが、ヘレナ・ボナム=カーターそっくりで感動しました。

ご当地ミッキー&ミニーのウェアとぬいぐるみなどが豊富なので、ディズニー好きのお土産にイイです◎

タイムズスクエアのディズニーストアは2階もあります。

 エスカレーターでのぼると、

まさに子供のためのエリア!

ベビーウェアもいっぱいあります。

スイムスーツやバスローブなど、なんだかニモ推しでした。ヒレが可愛い。

MARVEL買収もあって、男の子エリアも充実でした。

少し長居しすぎたなと感じながら外へ。

タイムズスクエアといえば、このビルですが。

トイザらス近くにたむろする非公式キャラクターたちもある意味名物。

勝手に写真撮影を要求しては、チップを求めてくるので要注意。

個人的には、モノマネのクオリティを上げてくれれば一緒に写真撮る気にもなるのにな…と思います。笑

先日、渋谷で化粧品ブランドREVLONLOVE IS ONイベントがあったそうですが。

タイムズスクエアでもLOVE IS ONビジョンを発見。

フォーカスされたカップルはチューしてね♡という、通行人が楽しめるビジョンです。

 

タイムズスクエアから徒歩で南下。

有名デパートのmacy’s を通り過ぎ、

エンパイアステートビル付近へ。

これにキングコングは登ったのか…なんて思いつつ。

ちなみに映画『キングコング』

1933年に制作されたものと1976年にリメイクされたもの、2005年にリメイクされたものの3本ありますが。

1976年制作のものでは、エンパイアステートビルではなく2001年にテロに遭ったワールドトレードセンタービルに登ったんだそうです。

当時、エンパイアステートビル関係者は「なんでウチに登らないんだ!」と抗議したそうな。笑

 

歩いている途中、チューリップを見かけました。

お花が咲いてる!春!

トロントよりも南にあるニューヨーク、春の訪れが気持ち早いようです。

それにしてもここ、見たことある気がある…。

『シャーペイのファビュラスアドベンチャー』で歩いてなかった?違う?

HIGH SCHOOL MUSICALのスピンオフで、不安になったときに観るとやる気が出るお気に入りのDVDなのですが、日本から持ってこればよかったな…。

 

地下鉄Pennsylvania駅すぐにあるMadison Square Garden

マディソンスクエアガーデンといえば、NBAバスケやNHLアイスホッケーの試合があったり、大きなコンサートが開かれる場所。どでかい建物です。

 

地下鉄に乗って、次の目的地へ向かいます。

ニューヨークの地下鉄初体験。

2015年4月現在、ニューヨークの地下鉄は片道切符3ドル。

乗り換えをしても改札から出なければ一律この金額です。

MetroCardというチャージ式カードもあり、このメトロカードを使うと1回2.75ドルとなりお得。

初回はカード発行手数料1ドルかかりますが、5.50ドル以上のチャージで11%のボーナスがついてきます。

つまり、9ドル以上チャージすれば0.99ドル以上のボーナスがついてくるので、

カード発行手数料の元は取れる仕組み。

そのせいか、“Fast $9.00 Metro Card”というボタンもあります。

乗り放題のUnlimited Ride Metro Cardには、7日間用と30日間用の2種類あります。

クレジットカードでも支払い可能。

ZIP CODE(郵便番号)で認証を行いますが、アメリカ外で発行されたカードの場合は適当な5桁の数字を入力すればOKです。

⇒地下鉄の切符購入について詳しくはニューヨークナビ

券売機の近くには、チャージ残高の確認専用機もありました。

 ちなみにホームですが、改札に入ってしまうと、上り下りのホーム間移動ができない駅が稀にあります。

地下鉄の入り口に表示があるのですが、見落として入ってしまうと一度改札を出なくてはならず、片道1回分の料金を無駄にしてしまうので要注意。

 

地下鉄に乗り、やってきたのは1st Avenueにあるベーカリー&カフェのVeniero’s

ニューヨークと言えば、ニューヨークチーズケーキ!

Junior’sのチーズケーキはあまりにも有名ですが、それ以外にも食べたいということで選んだのがここです。

テイクアウェイとイートインが分かれており、テイクアウェイ用の商品はイートインできません。

シックな店内。入ってすぐが、テイクアウェイ用のカウンター。

その奥に、イートイン用のカウンターがあります。

ジェラートや

ケーキのショーウィンドウを見て注文するほか、メニュー表も見せてくれます。

オーダーしたのは、ピースではなくスモールサイズのベリーのせニューヨークチーズケーキとコーヒー。

ピースのチーズケーキより安かったので…。笑

チーズがとっても濃厚!なんだか贅沢な味でした。

VENIERO’S

Sunday – Thursday:8 am – 12 am
Friday & Saturday:8 am – 1 am

Location:342 E. 11th St. (Between 1st & 2nd Ave)

Veniero’sオフィシャルサイト

 

Veniero’sで充たされたあとも、スイーツめぐりは続きます。

地下鉄で西へ戻り、まずはChelsea Marketへ。

チェルシーマーケットには総菜屋さんやワイン屋さん、セレクトショップのANTHROPRLOGIEなんかが入ってます。

※アンソロポロジーはトロントにもありますよ!

お目当てはここ、Fat Witch Bakery

ブラウニーが有名なお店です。

ブラウニーの名前は、それぞれにWitchとついています。

ラベンダー味のブラウニーの試食コーナーがありました。

ショップバッグもショップカードもレシートも可愛い。

ブラウニーはたくさん種類がありますが、オーソドックスなものをチョイス。

自分用に、Fat WitchDouble Chocolate Witch

自宅に帰ってから食べましたが、チョコレートが濃厚なのに後味はわりとあっさりですごく食べやすかったです。

卵とまぜて焼くだけ作れるブラウニーミックスも売っていたのですが、買えばよかったな…。

そのままでも美味しいですが、電子レンジで15秒くらい温めてから食べるのがオススメです。

特に、Double Chocolate Witchはチョコレートが多い分、溶けてフォンダンショコラのようになります。

ミニサイズのFat Witch BabyBlonde Babyは、自宅の大家さんへのお土産です。

Blonde Witchはバニラ系?ミルク系?ブラウニーにチョコチップが入っているもの。

ブラウニー以外にもグミキャンディーやグッズの販売もありました。

Fat Witch Bakery(Chelsea Market)

Monday – Saturday:9am – 9pm
Sunday:9am – 8pm

Location:75 Ninth Avenue

Fat Witch Bakeryオフィシャルサイト

★2015年、海外初のオンラインショップFat Witch Bakery Japanもスタート。

“京都受け取り処”という直営店舗のほか、東京に商品取り扱い店舗もあります。

日本限定商品も気になる…。

↓楽天市場にも公式ショップがありますよ〜。↓

 




 

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA