トゥルク/Laivahostel S/S Borea

        
Pocket

フィンランドの公用語⇒あいさつは現地語で!北欧編記事へ

フィンランドの消費税⇒フィンランドの消費税記事へ

 

Laivahostel S/S Borea

トゥルク滞在中の宿泊場所に選んだのは、ライヴァホステル・S/Sボレア

実際の船を利用した、非営利ユースホステル協会Hostelling International(HI)公認のユースホステルです。

HI公認のユースホステルは、ドミトリーが基本的に男女別部屋なので安心ですし、その土地の特色を活かしたホステルが多いので、よくお世話になっています。

有料のHI会員になっておくと、会員価格で泊まれたり朝食などのサービスを値引きしてもらえたりします◎

 

1960年からトゥルクとストックホルム、ヘルシンキとストックホルムを結ぶ蒸気船として活躍したS/S BORE(ボア)号。

1987年からは、クリスティーナクルーズのM/Sクリスティーナ・レジーナ号として活躍。

S/Sボア号ができて50周年の2010年、トゥルクに本社を置くS/S Borea社がM/Sクリスティーナ・レジーナ号を買い取り、S/Sボア号のオリジナルカラーに塗装を戻し、名前もS/Sボア号に戻しました。

航海はもうできませんが、2011年からトゥルクのAura(オーラ)川に“生きた博物館”として停泊しています。

そんなS/Sボア号に泊まれちゃうのが、ライヴァホステル・S/Sボレアです。

ちなみに、Laiva(ライヴァ)はフィンランド語で“船”だそう。そのまんまですね。笑

 

ヴァンター国際空港からヘルシンキ中央駅へのアクセス・ヘルシンキで宿泊したホステルについて⇒ヘルシンキ/Stadion Hostel記事へ

ヘルシンキからトゥルクへの鉄道移動について⇒VR/ヘルシンキ→タンペレ→トゥルク記事へ

 

アクセスは、トゥルクの中心であるマーケットスクエア、Kauppatori(カウッパトリ)からバス1本。

乗り場T6からSatama行きのBus 1に乗り、Forum Marinumで下車。

そこから川沿いを右へ5分ほど歩くと、S/Sボア号があります。

トゥルクの名所の一つであるトゥルク城やスウェーデンへ向かうフェリー乗り場へも近いので、カウッパトリから少し離れているものの意外と便利な立地です。

トゥルク中央駅からバスで行く場合は、一度カウッパトリで乗り換えが必要。

トゥルク中央駅からカウッパトリまでは1kmほど離れており、バスで約10分かかります。

トゥルク観光やトゥルクのバスの乗り方について⇒2015夏・トゥルク記事へ

【google map】

トゥルク中央駅からの場合、荷物が大きかったり時間があまりないならタクシーが便利。

トゥルク中央駅前にとまっているタクシーでを利用して10分程度。

料金は15.20ユーロ(税込)で、日本円換算すると2000円前後でした。

 

S/Sボア号全体がホステルになっているわけではなく、レストランやバー、カフェのほか、ミュージアムや貸会議室も一緒に運営されています。

ホステル部分の入り口は、右手の青いスロープを上がったところ。

右手のドアから入ってすぐにレセプションがあるので、ここでチェックイン。

 

2015/8/22(土)〜2015/8/24(月)、2泊3日利用。

シャワーとトイレは共用ながら、ホステルでは珍しくドミトリーでも1人部屋か2人部屋が基本で朝食付き。

料金は2泊合計50.00ユーロ(税込)、日本円で1泊あたり3400円前後。

また、1000〜2000円ほど値段は上がりますが、専用シャワー・トイレが付いたプライベートルームも1人部屋、2人部屋、3人部屋、4人部屋があるので、グループの場合はこちらの方が安心でいいかも。

プライベートルームの1人部屋と2部屋は、窓付きか窓無しかでも料金が変わります。

HI公認のユースホステルでもHotels.comなどからでも予約可能な場合もありますが、今回は他の予約サイトに掲載がなかったので、Hostelling International公式サイトから予約しました。

Hostelling International公式サイト(日本語)

Hostelling International公式サイトからの予約だったので、デポジットとして3.00ユーロを予約時に支払っていたため、チェックイン時には残りの47.00ユーロをクレジットカードで支払いました。

ちなみに領収書の内訳は、朝食料15ユーロ(税込)宿泊料32ユーロ(税込)となっていました。

 

チェックインして宿泊部屋の番号を聞きカードキーを受け取ったら、いざ客室へ。

客室への通路入り口では、クマさんのぬいぐるみがご挨拶。

…結構大きいので、通るたびちょっとびっくりします。笑

客室の通路は、昔の船らしく、まぁまぁの狭さ。

壁には、各デッキの案内板。

通路の狭さもあって迷路のようなので、この案内板は助かります…。

私の宿泊する部屋に、なんとか到着。

隣がシャワー室で、客室としては一番船後方のお部屋でした。

ベッドとデスク、船っぽくてちょっとテンションの上がる小さな窓。

シャワーとトイレは外ですが、洗面台だけ付いています。

洗面台の横、ベッドの裏はクローゼットでした。

広さは全然なく、船自体の古さと洗面台の存在感で正直、独房感が漂っていますが…。

昔の船旅ってこんな感じだったんだろうな〜と思うと、ちょっと感慨深かったです。

もちろん、お掃除は丁寧にされているしシーツも清潔。

ただ、写真を撮れなかったのですが共用シャワールームだけは、お世辞にもあまり綺麗ではなく薄暗さもあって、使うのがちょっと怖かったです…。

デスクには、案内や注意事項が書かれたファイルがあります。

●レセプションは24時間オープン。
●チェックインは3:00pm以降、チェックインは11:00pmまで。
●朝食(平日7:00am〜9:30am、土日8:00am〜10:00am)は、deck4のレストラン・クリスティーナにて。
●毎朝6:00am〜10:00amはdeck2のサウナ無料。タオルを持ってくるのを忘れないで!
●Wi-Fi無料、パスワードはレセプションにて。
●洗濯機、乾燥機、アイロン利用可能。
●テレビ、新聞、本、パンフレット、地図は、コモンルームにあります。
●毎晩7:00pm〜10:00pmは、コモンルームにて無料の紅茶サービス。
●10:00pm〜7:00amは、通路ではお静かに。
●全船内禁煙。あなたのタバコが原因でアラームが鳴った場合、200ユーロ以上の罰金です。
●貴重品を客室に放置しないでください。紛失しても責任を負いません。
●レセプションには、無料のラゲッジルームがあります。
●チェックアウト時には、カードキーをレセプションに返却してください。

…こんな感じでしょうか。

私は利用するタイミングがなかったですが、無料サウナがあるなんてさすがフィンランド!

無料Wi-Fiに関しては、全船内で使えるわけではありません。

レセプションでパスワードを聞くと、使える場所とパスワードが記載された紙がもらえます。

私がWi-Fiを利用させてもらっていたのが、コモンルーム。

テレビが壁にかかっており、ソファとテーブルでゆったりと過ごせます。

コンセントも少しあるので、PCを充電しながらWi-Fiが使えます。

奥には、共用のキッチンスペースがあって、お湯を沸かしたり電子レンジで温めたりできます。

そして、これが無料サービスの紅茶。

紅茶だけじゃなく、ラスクもあるのが嬉しかったです。

カウッパトリのキオスク(コンビニ)で買ったラザニアとムーミンのジュースと一緒にいただきました。

ちなみにラザニアは3.20ユーロ(税込)ジュースは2.60ユーロ(税込)、そこにショップバッグ代0.20ユーロで、合計6.00ユーロのディナーでした。

ジュースが意外と高い…。

 

こちらが、朝食会場のレストラン・クリスティーナ。

レセプション正面の階段を上がったところにあります。

朝食は、ハム、トマト、キュウリ、ゆで卵、フルーツ、ヨーグルトなどの種類の少ない簡単なビュッフェスタイル。

でも、シリアルは選べます。

紅茶は何種類かあります。

朝ごはんにクッキーが並んでいるのが、珍しい。

2日とも、こんな感じでいただきました。

レストランの席から窓を見ると、通路越しになっていました。

こう言う部分を見ると、本当に航海をしていた船なんだな〜としみじみ思いました。

 

チェックアウトは、レセプションにあるカゴにカードキーを入れるだけでOK。

シーツ類は特に回収ボックスなどはなく、部屋に置いたままで大丈夫でした。

 

フェリーで移動しているわけでもないのに、本当の船に泊まるという珍しい体験ができました。

完全に綺麗にリノベーションするのではなく、多少古くても使えるものはそのまま使う精神が北欧っぽいな〜と思ったり。

宿泊自体がアトラクションのようで、ワクワクするホステルでした。

 

info* Laivahostel Borea

住所:Linnankatu 72 20100 Turku Finland

TEL: +358 40 843 6611

公式サイト:msborea.fi(英語)

 

Pocket

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA