お得にCNタワー!360レストラン

        
Pocket

 

トロントのシンボル、CN TowerCNタワー)。

【google map】

最寄駅はUnion駅。

CNとはCanadian Nationalの略で、1976年にカナディアンナショナル鉄道が建設した電波塔です。

高さは、553.33m。2007年まで自立式建築物としては世界で最も高い塔であり、展望台としては、477m地点にあるSkyPod(スカイ・ポッド)は2008年まで世界一高い展望台でした。

通常入場料は、大人$35(税別)。SkyPodまで上がるなら、+$12の$47(税別)です。

…が!351m地点にある360 restaurant(360レストラン)を予約すると並ばず、しかも無料で上がれてしまうのです!

360レストランの営業時間は、ランチ11:00am – 2:15pmとディナー4:30pm – 10:15pm。

ランチコースは2名$56〜(3名$69〜)、ディナーコースは2名$65〜(3名$79〜)。

1名あたりの料金が入場料と同じくらいなので、同じ額を支払って食事が付いてくると考えれば、こちらが断然お得です!

予約は、CNタワー公式サイトの360 Reservations、もしくは電話(416) 362-5411から。

LA TOUR CN TOWER公式サイト(英)

ちなみに、Buy Ticketsからは通常の入場チケットが購入できます。

 

私が利用したのは、2015年8月12日のディナー。

本当は前日に予約していたのですが天候が悪く雷も鳴っていて怖かったので、この日に予約を変更しました。

なので、時間は少し早めの午後5時頃の予約です。でも、晴天でよかった!

予約の15分くらい前にCNタワー入り口に到着。

チケット購入や一般入場の列には並ばず、360レストランの案内看板に沿って進みます。

1時間待ちは当たり前の一般入場の待ち列を横目に、VIP気分で360レストランのレセプションへ。

予約が確認できると、シックな雰囲気の専用エレベーターへ案内されます。

エレベーター内はもちろんガラス張りで、外の景色が見られます。

さらに、床も一部ガラス張り。

天井付近に施されたメープルリーフの装飾がおしゃれでした。

あっという間に、360レストランのフロアに到着。

世界で最も高い場所にあるワインセラーとしてギネスに認定されたワインセラーが出迎えてくれます。

客席からは、この景色!

しかし、実はこれ、残念ながら窓側の席ではなく…。

彼が「彼女は初めて来たんだ。もうすぐ日本に帰らないといけなくて…」とサーバーさんに交渉してくれて、30分ほど待てば窓際の席へ案内してもらえることになりました。

案内されたのは、こちらの待合室。

ですが、展望台フロアにも360レストランから階段を下れば行けるので、そちらで時間を潰すことに。

まずは、346m地点の屋内展望台LookOut Level(ルックアウトレベル)。

展望台では、CNTOWER GUESTというフリーWi-Fiが飛んでいました。

LookOut Levelから更に降りると、

342m地点のGlass Floor(グラスフロア)です。

Glass Floorには、その名の通りガラス張りのエリアがあります。

そこは特に人気で、常に人だかり。

ガラスの床からは、MLBブルージェイズの本拠地・ロジャースセンターを見下ろせます。

私は、足を出すので精一杯でしたが…。

写真の上の方に誰かの髪が見切れているように、ガラスに寝転んで記念写真を撮る観光客も多くいて、正直「Crazyすぎる…」と思いました。笑

このフロアには、Outdoor Terrace(アウトドアテラス)という屋外展望台もあります。

Outdoor Terraceからは、網越しでトロントの街が臨めます。

 

時間になったので、360レストランへ戻ります。

先ほどの席は、この真ん中の列でした。

お手数おかけして申し訳なかったですが、なぜ窓側にこだわったかというと…

360レストランはその名の通り、客席が360°回転しているレストランなんです!

72分かけて一周するので、食事をしながら全方位の景色を眺めることができます。

トロントアイランドにあるBilly Bishop Toronto City Airport(ビリー・ビショップ・トロント・シティー空港)で飛行機が離陸する瞬間が見れました。

全部、同じ席からの景色。不思議な感覚になります。

入り口や厨房、トイレがある中心部分を軸に回転しているので、トイレの場所が遠いタイミングと近いタイミングがあるのが面白いです。

床の境目を見ると、ゆっくりずれていくのがわかります。

また、トイレから出る頃には客席が移動していて戸惑うので、自分の客席があるブロックの番号を覚えておくと安心です。

 

コースは前菜、メイン、デザートをメニューの中からチョイスします。

メニューは季節によって変わりますが、CNタワー公式サイトの360 Reservationsページで事前に確認できます。

こだわりのカナダ産食材を使ったメニューが多く、ワインの種類も豊富です。

コースにはパンが付いてきます。

チョイスした前菜は、360 CAESAR SALAD

シンプルなシーザーサラダです。

メインは、別々のものをチョイスしてシェアしました。

ひとつは、ROSTED BONELESS HALF CHICKEN with GREEN OLIVE BUTTERMILK MASHED POTATO

ローストチキン。付け合わせのマッシュポテトも美味でした。

もう一品は、PAN SEARED ATRANTIC SALMON with PRAWN AND GINGER SIU MAI

サーモンのソテー。付け合わせは海老と生姜のシュウマイ。

デザートは、DARK CHOCOLATE TOWER

CNタワーにちなんだ、チョコレートのタワーです。

ワインも注文したのでチップなどを含めると一人当たり$60近くになってしまいましたが、高級レストランとしてはリーズナブルな価格ではないでしょうか。

それに加えてCNタワー入場料が無料で待ち時間なし、と考えると、お得なのに贅沢なひとときでした。

 

食事の後は、再びLookOut Levelへ。

このフロアにはBASECAMP 3.0(ベースキャンプ)もあります。

ここは、EDGEWALK(エッジウォーク)の受付。

$225払って、360レストランフロアの上を歩くというスリル満点の要予約アトラクションです。

リアルタイムの映像だけで、高所恐怖症じゃなくてもゾッとします。笑

トロント出身アーティストDrakeが、アルバム『Views』のジャケットで座っているすぐ下に斜めに反り出た柵がありますが、ここにハーネスをつけて歩くんだそう…。

※画像をクリックすると楽天市場の商品ページへ移動します

Drake、本当に座ったのかな…きっと合成ですよね…。笑

 

LookOut Levelから景色を眺めていると、トロントの街の奥で太陽が地平線に沈んでいきました。

夕方のようですが、日没は午後8時半過ぎ。

トロントの街は一気に夜の装いです。

360レストランの予約は早い時間となってしまいましたが、なんだかんだで夜景まで見ることができて良かったです。

 

帰りは一般用エレベーターで地上へ。

グラウンドフロアには、お土産ショップがあります。

CNタワーは、$72でトロントの観光名所をお得に巡れるToronto CityPASS(トロントシティパス)を使っても42%オフ程度で入場できます。

ただし、こちらは最初の施設利用から9日間が利用期限なので、その期間内に他の施設も訪れないと逆に割高になってしまうので要注意です。

 

Pocket

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA