カテゴリー別アーカイブ: ホテルレポ

トゥルク/Laivahostel S/S Borea

Pocket

フィンランドの公用語⇒あいさつは現地語で!北欧編記事へ

フィンランドの消費税⇒フィンランドの消費税記事へ

 

Laivahostel S/S Borea

トゥルク滞在中の宿泊場所に選んだのは、ライヴァホステル・S/Sボレア

実際の船を利用した、非営利ユースホステル協会Hostelling International(HI)公認のユースホステルです。

HI公認のユースホステルは、ドミトリーが基本的に男女別部屋なので安心ですし、その土地の特色を活かしたホステルが多いので、よくお世話になっています。

有料のHI会員になっておくと、会員価格で泊まれたり朝食などのサービスを値引きしてもらえたりします◎

 

1960年からトゥルクとストックホルム、ヘルシンキとストックホルムを結ぶ蒸気船として活躍したS/S BORE(ボア)号。

1987年からは、クリスティーナクルーズのM/Sクリスティーナ・レジーナ号として活躍。

S/Sボア号ができて50周年の2010年、トゥルクに本社を置くS/S Borea社がM/Sクリスティーナ・レジーナ号を買い取り、S/Sボア号のオリジナルカラーに塗装を戻し、名前もS/Sボア号に戻しました。

航海はもうできませんが、2011年からトゥルクのAura(オーラ)川に“生きた博物館”として停泊しています。

そんなS/Sボア号に泊まれちゃうのが、ライヴァホステル・S/Sボレアです。

ちなみに、Laiva(ライヴァ)はフィンランド語で“船”だそう。そのまんまですね。笑

 

ヴァンター国際空港からヘルシンキ中央駅へのアクセス・ヘルシンキで宿泊したホステルについて⇒ヘルシンキ/Stadion Hostel記事へ

ヘルシンキからトゥルクへの鉄道移動について⇒VR/ヘルシンキ→タンペレ→トゥルク記事へ

 

アクセスは、トゥルクの中心であるマーケットスクエア、Kauppatori(カウッパトリ)からバス1本。

乗り場T6からSatama行きのBus 1に乗り、Forum Marinumで下車。

そこから川沿いを右へ5分ほど歩くと、S/Sボア号があります。

トゥルクの名所の一つであるトゥルク城やスウェーデンへ向かうフェリー乗り場へも近いので、カウッパトリから少し離れているものの意外と便利な立地です。

トゥルク中央駅からバスで行く場合は、一度カウッパトリで乗り換えが必要。

トゥルク中央駅からカウッパトリまでは1kmほど離れており、バスで約10分かかります。

トゥルク観光やトゥルクのバスの乗り方について⇒2015夏・トゥルク記事へ

【google map】

トゥルク中央駅からの場合、荷物が大きかったり時間があまりないならタクシーが便利。

トゥルク中央駅前にとまっているタクシーでを利用して10分程度。

料金は15.20ユーロ(税込)で、日本円換算すると2000円前後でした。

 

S/Sボア号全体がホステルになっているわけではなく、レストランやバー、カフェのほか、ミュージアムや貸会議室も一緒に運営されています。

ホステル部分の入り口は、右手の青いスロープを上がったところ。

右手のドアから入ってすぐにレセプションがあるので、ここでチェックイン。

 

2015/8/22(土)〜2015/8/24(月)、2泊3日利用。

シャワーとトイレは共用ながら、ホステルでは珍しくドミトリーでも1人部屋か2人部屋が基本で朝食付き。

料金は2泊合計50.00ユーロ(税込)、日本円で1泊あたり3400円前後。

また、1000〜2000円ほど値段は上がりますが、専用シャワー・トイレが付いたプライベートルームも1人部屋、2人部屋、3人部屋、4人部屋があるので、グループの場合はこちらの方が安心でいいかも。

プライベートルームの1人部屋と2部屋は、窓付きか窓無しかでも料金が変わります。

HI公認のユースホステルでもHotels.comなどからでも予約可能な場合もありますが、今回は他の予約サイトに掲載がなかったので、Hostelling International公式サイトから予約しました。

Hostelling International公式サイト(日本語)

Hostelling International公式サイトからの予約だったので、デポジットとして3.00ユーロを予約時に支払っていたため、チェックイン時には残りの47.00ユーロをクレジットカードで支払いました。

ちなみに領収書の内訳は、朝食料15ユーロ(税込)宿泊料32ユーロ(税込)となっていました。

 

チェックインして宿泊部屋の番号を聞きカードキーを受け取ったら、いざ客室へ。

客室への通路入り口では、クマさんのぬいぐるみがご挨拶。

…結構大きいので、通るたびちょっとびっくりします。笑

客室の通路は、昔の船らしく、まぁまぁの狭さ。

壁には、各デッキの案内板。

通路の狭さもあって迷路のようなので、この案内板は助かります…。

私の宿泊する部屋に、なんとか到着。

隣がシャワー室で、客室としては一番船後方のお部屋でした。

ベッドとデスク、船っぽくてちょっとテンションの上がる小さな窓。

シャワーとトイレは外ですが、洗面台だけ付いています。

洗面台の横、ベッドの裏はクローゼットでした。

広さは全然なく、船自体の古さと洗面台の存在感で正直、独房感が漂っていますが…。

昔の船旅ってこんな感じだったんだろうな〜と思うと、ちょっと感慨深かったです。

もちろん、お掃除は丁寧にされているしシーツも清潔。

ただ、写真を撮れなかったのですが共用シャワールームだけは、お世辞にもあまり綺麗ではなく薄暗さもあって、使うのがちょっと怖かったです…。

デスクには、案内や注意事項が書かれたファイルがあります。

●レセプションは24時間オープン。
●チェックインは3:00pm以降、チェックインは11:00pmまで。
●朝食(平日7:00am〜9:30am、土日8:00am〜10:00am)は、deck4のレストラン・クリスティーナにて。
●毎朝6:00am〜10:00amはdeck2のサウナ無料。タオルを持ってくるのを忘れないで!
●Wi-Fi無料、パスワードはレセプションにて。
●洗濯機、乾燥機、アイロン利用可能。
●テレビ、新聞、本、パンフレット、地図は、コモンルームにあります。
●毎晩7:00pm〜10:00pmは、コモンルームにて無料の紅茶サービス。
●10:00pm〜7:00amは、通路ではお静かに。
●全船内禁煙。あなたのタバコが原因でアラームが鳴った場合、200ユーロ以上の罰金です。
●貴重品を客室に放置しないでください。紛失しても責任を負いません。
●レセプションには、無料のラゲッジルームがあります。
●チェックアウト時には、カードキーをレセプションに返却してください。

…こんな感じでしょうか。

私は利用するタイミングがなかったですが、無料サウナがあるなんてさすがフィンランド!

無料Wi-Fiに関しては、全船内で使えるわけではありません。

レセプションでパスワードを聞くと、使える場所とパスワードが記載された紙がもらえます。

私がWi-Fiを利用させてもらっていたのが、コモンルーム。

テレビが壁にかかっており、ソファとテーブルでゆったりと過ごせます。

コンセントも少しあるので、PCを充電しながらWi-Fiが使えます。

奥には、共用のキッチンスペースがあって、お湯を沸かしたり電子レンジで温めたりできます。

そして、これが無料サービスの紅茶。

紅茶だけじゃなく、ラスクもあるのが嬉しかったです。

カウッパトリのキオスク(コンビニ)で買ったラザニアとムーミンのジュースと一緒にいただきました。

ちなみにラザニアは3.20ユーロ(税込)ジュースは2.60ユーロ(税込)、そこにショップバッグ代0.20ユーロで、合計6.00ユーロのディナーでした。

ジュースが意外と高い…。

 

こちらが、朝食会場のレストラン・クリスティーナ。

レセプション正面の階段を上がったところにあります。

朝食は、ハム、トマト、キュウリ、ゆで卵、フルーツ、ヨーグルトなどの種類の少ない簡単なビュッフェスタイル。

でも、シリアルは選べます。

紅茶は何種類かあります。

朝ごはんにクッキーが並んでいるのが、珍しい。

2日とも、こんな感じでいただきました。

レストランの席から窓を見ると、通路越しになっていました。

こう言う部分を見ると、本当に航海をしていた船なんだな〜としみじみ思いました。

 

チェックアウトは、レセプションにあるカゴにカードキーを入れるだけでOK。

シーツ類は特に回収ボックスなどはなく、部屋に置いたままで大丈夫でした。

 

フェリーで移動しているわけでもないのに、本当の船に泊まるという珍しい体験ができました。

完全に綺麗にリノベーションするのではなく、多少古くても使えるものはそのまま使う精神が北欧っぽいな〜と思ったり。

宿泊自体がアトラクションのようで、ワクワクするホステルでした。

 

info* Laivahostel Borea

住所:Linnankatu 72 20100 Turku Finland

TEL: +358 40 843 6611

公式サイト:msborea.fi(英語)

 

Pocket

ヘルシンキ/Stadion Hostel

Pocket

フィンランドの公用語⇒あいさつは現地語で!北欧編記事へ

フィンランドの消費税⇒フィンランドの消費税記事へ

 

Stadion Hostel

※2016年からのオリンピックスタジアム改装に伴い、スタディオン・ホステルも2017年現在閉鎖中。
オリンピックスタジアムは2019年にリニューアルオープン予定。

ヘルシンキ滞在中の宿泊場所に選んだのは、スタディオン・ホステル

非営利ユースホステル協会Hostelling International(HI)公認のユースホステルです。

その名の通り、1952年開催ヘルシンキオリンピックのメインスタジアムだったヘルシンキ・オリンピックスタジアムに併設されたユースホステル。

歴史は古いですが、1993年に改装したこともあり内部はモダンな造りとなっていました。

 

市街地からは少し離れていて、ヘルシンキ中央駅までは徒歩で30分ほど。

とはいえ、がAuroran sairaalaやOlympiastadionなどトラムの停留所が近くに数か所あるので、そこまでアクセスは悪くないです。

 【google map】

ヘルシンキ・ヴァンダー空港からは、フィンエアーシティバスを使うと1本で行けます。

フィンエアーシティバスは、空港とヘルシンキ中心部を約30分で結ぶ空港バス。

上り下りとも約20分おきに運行しています。

停留所が何か所かありますが、どこで降りても料金は一律6.30 €。

車内で運転手さんに支払います(クレジットカード可)。

オンラインで事前購入しておくと一律6.20 €となり、少しお得。

オリンピックスタジアムの駐車場前にあるOoppera(Opera)という停留所で下車します。

Finnair City Bus公式サイト(英語)

 

こちらがスタジアム正面。

ユースホステルの入り口は、この裏手にありました。

私の地元、大阪市にある長居スタジアム(ヤンマースタジアム)も、実はHI公認ユースホステルである大阪市立長居ユースホステルが併設されています。

そんな親近感もあって、スタディオン・ホステルに決めました。

HI公認のユースホステルは、ドミトリーが基本的に男女別部屋なので安心ですし、その土地の特色を活かしたホステルが多いので、よくお世話になっています。

有料のHI会員になっておくと、会員価格で泊まれたり朝食などのサービスを値引きしてもらえたりします◎

Hostelling International公式サイト(日本語)

 

ちなみに、スタジアム正面からホステル入り口へ向かうと、左手にサッカースタジアムがあります。

ソネラ・スタジアム(Sonera Stadium/旧名称:フィンエアー・スタジアム)、フィンランド一部リーグ・ヴェイッカウスリーガに所属するプロサッカーチームであるHJKヘルシンキの本拠地です。

中では練習が行われていた様子。

もしトップチームの練習なら、この中に元アルビレックス新潟の田中亜土夢選手(2015年−2017年HJKヘルシンキ所属)がいたかもしれません…!笑

 

2015/8/20(木)〜2015/8/22(土)、2泊3日利用。

チェックインは午前1時〜午前7時以外はいつでもできますが、午後0時〜午後4時は清掃時間となっているため、宿泊部屋に入れるのは午後4時以降。

…なんですが。

実は私、午後11時過ぎヴァンダー空港到着予定の飛行機だったんです。

フィンエアーシティバスで30分かからないとはいえ、入国審査と預け荷物受け取りにかかる時間を考慮するとギリギリアウトです。←

そもそもギリギリアウトなうえ、飛行機はまさかの1時間遅れ。

ターキッシュエアラインズとイスタンブール・アタテュルク空港記事へ

空港到着時点で日付が変わっていました…。

空港からの最終バスは午前1時過ぎ。

ラスト1本前のバスになんとか乗れて、バスの車内から半泣きでホステルに電話しました。

乗客が少ないとはいえ車内で電話するのは申し訳なかったですし、そもそも英語で電話するの本当に苦手なんですが、背に腹はかえられませんでした…。

「今日チェックイン予定のNina Fujisawaですが、飛行機が遅れて到着して、今バスで向かっているところです。遅くなってごめんなさい…」と伝えると、スタッフのお姉さんは明るく「It’s OK!! 大丈夫よ〜。待ってるわね〜」。

これはフィンランド滞在中、ことあるごとに思ったことですが、フィンランドの方々って本当に優しくてフレンドリー。

結局、1時過ぎまで待っていてくださって、何とかチェックインできました。感謝。

チェックイン後は24時間自由にホステルへ出入りできます。

チェックアウトは午後0時まで。

チェックインすると、宿泊する部屋番号・ベッド番号・注意事項が書かれた紙とシーツ・タオル類、カードキーを渡してくれます。

スタディオン・ホステルは男女別の大部屋ドミトリーのほか、ツインのプライベートルーム、4〜5人グループ向けのプライベートルームもあります。

HI会員だとHostelling International公式サイトで予約すると安いのですが、現在は会員ではないので、今回はHotels.comで女子ドミトリーの1ベッドを予約しました。

料金は1泊あたり23.85€(税込)で、2泊合計47.70€(税込)。

やはり市街地から少し離れているせいか、ヘルシンキのユースホステルの中でも安いほうでした。

 

ホステルのロビーはこんな感じ。

奥のカウンターがレセプションです。

こちらは、レセプション側から入り口方面を見た写真。

中二階にある左手の部屋が朝食用の食堂。

朝食時以外もコモンルームとして利用されていてます。

と言うのも、フリーWi-Fiがこの部屋とロビーしか使えず、充電コンセントを使いながらネットに繋げるのはこの部屋だけ…。

それだけが唯一、このホステルで残念だった点。

でも、貧乏旅ではフリーWi-Fiが使えるだけでありがたいです。

食堂のドア横にある貼紙は、朝食の案内。

ビュッフェ式で、1食6.80€。

HI会員は6.30€で食べられます。

朝食の時間は、平日は午前7時30分〜9時30分。

土日は1時間ゆっくりになって、午前10時30分まで大丈夫です。

食堂から少し左に目を向けると、他国の時間が表示された時計が。

世界中から旅行者が集まるユースホステルらしくてオシャレです。

ロビーにはカップタイプのコーヒー自販機もありました。

さすがコーヒー好きの北欧!

 

レセプション横にも貼紙が。

レセプションで購入できるシャンプーなどのアメニティやお土産などの価格表。

観光に便利なヘルシンキカードの案内。

タクシーの案内も。

 

食堂の階段上にも宿泊部屋があるそうですが、私が泊まったドミトリーはレセプション右隣のドアを開けた先。

廊下には、数か国バージョンの無料ガイドブックがありました。

日本語版ははありませんでしたが、英語版をいただきました。

巻末にヘルシンキ市内の地図が載っていて、事前に地図もガイドブックも用意していなかったので重宝しました。

テレビのあるコミュニーケーションスペースも越えて、いざ自分の宿泊部屋へ。

他の宿泊客のいないタイミングで慌てて撮影したので、薄暗くてわかりにくいですが…。

2段ベッドが6台置かれた、広々とした12人部屋です。

真ん中にテーブル。

部屋内に無料ロッカーがありますが、鍵はないです。

ユースホステルのロッカーは、このパターンが多いので、マイ南京錠は必須アイテム。

南京錠を持ってない人やスペースが足りない人のために、廊下に鍵付きロッカーもあります。

デポジットとして7€(鍵をなくしたりしなければ返ってくる)、加えて1日につき1€で利用できます。

チェックアウト後もスーツケースなどを預かっていてほしい時は、ラゲッジルームもあります。

 

こちらは共用の女子シャワールーム。

ヘアドライヤーもあるし、わりと清潔です。

共用キッチンも広々していて整頓されています。

確か、下の写真の左下に少し写っているのが洗濯機か乾燥機だった気が…。

1回の洗濯・乾燥につき2.50€で、レセプションで洗濯用洗剤も1.50€で購入できます。

 

チェックアウト時は、使ったシーツ・タオル類は自分でまとめてレセプションに返却。

カードキーはこちらのポストに入れればOKです。

ちなみに、カードキーはチェックアウト日の午後0時を過ぎると使えなくなってしまうので要注意です。

 

info* Stadion Hostel 

住所:Pohjoinen Stadiontie 4 00250 Helsinki Finland

TEL: +358-9-4778480  FAX: +358-9-4778411

公式サイト:Stadionhostel.fi(フィンランド語のみ)

 

Pocket

モントリオール/Hotel Ambrose

Pocket

 

Hotel Ambrose

名門マギル大学そばにある、ホテル・アンブローズ

19世紀ビクトリア様式のプチホテルです。

モントリオール美術館にも近くて観光アクセスもよく便利な立地ながら、わりと静かなエリアです。

Taylor SwiftのコンサートがあったCentre Bellからも、終演後に徒歩で帰れる距離だったのでよかったです。

Taylor Swift THE 1989 WORLD TOUR Montreal記事

VIA鉄道駅のモントリオール中央駅も徒歩圏内。

VIA Rail Canada/モントリオール→トロント記事

何より内装が、本当に可愛くてオシャレ!

家具もアンティーク調でたまりませんでした。

 

2015/7/7(火)〜2015/7/8(水)、1泊2日利用。

チェックインは午後3時から11時、チェックアウトは午前7時から11時。

チェックイン前、チェックアウト後もレセプションで荷物を預かってくれます。

レセプションのスタッフさんもフレンドリーでした。

Economy Room、Standard Room、 Classic Room、Superior Room、Double Rooms、Family Suiteの6種類21部屋あり、テレビと電源、無料Wi-Fiが全部屋完備。

今回はBooking.comでスーペリアルームを予約し、1部屋室料$139でした。

ただし、その$139にモントリオール市の宿泊税TH(lodging tax)3.5%に当たる$4.87が加算された$143.87に、さらに、連邦税GST(Goods & Sales Tax)5.0%の$7.95とケベック州におけるPST(Provincial Services Tax)である州税QST(Quebec Sales Tax、 フランス語ではTVQ =Taxes des Ventes du Québecと表記)9.975%の$14.35も加算され、最終的な宿泊費用は$165.41となりました。

消費税、高いなぁ…。

カナダの消費税について⇒カナダのお金記事

 

アクセスは、最寄駅の地下鉄ペル(Peel)駅から徒歩5分。

 【google map】

メゾヌーヴ通り西(Boulevard de Maisonneuve O)をスタンレ通り(Rue Stanley)に向かって南西に進み、スタンレ通りで右に曲がり、スタンレ通り沿いにまっすぐ進んでいくと、左手に建物が見えます。

入り口ドア横には、ケベック州から3つ星認定を受けた証が。

入ってすぐ、レセプションのカウンターがあり、右手に客室へ上がる階段があります。

その階段の手前、右側に朝食ビュッフェ用の部屋があります。

パン、シリアル、オートミール、ヨーグルト、フルーツなどと、コーヒー、紅茶、オレンジジュース、ミルクなどのシンプルなビュッフェ。

暗くてちょっとわかりにくいですが、窓際が窓に向かったソファ席になっていて、緑を見ながらの朝食は、すごく清々しくて気分が良かったです。

 

さて!気になるお部屋ですが…さすがスーペリアルーム、広い!

クイーンベッドに加えてソファベッドが備え付けで、最大3名宿泊できるそう。

写真に部屋全体を収められませんでした…。

セントラルヒーティングとエアコン完備。

トロントにはない蒸し暑さがあるモントリオール、冷房設備は必須ですね〜。

写っていない写真の向かって右手にテレビがありました。

出発する時に撮影したので、ベッドがぐしゃっとなってて申し訳ないですが…。

到着した時は、もちろん公式サイトの写真と同じくピシッとベッドメイクされていましたよ!

上の写真を撮影したのは部屋のドアあたりからでしたが、ドアから入ってすぐ、左手にはこちらのデスクが。

コーヒメーカーがあるのが嬉しかったです。

鏡が大きくて、ふかふかの椅子に座ってお化粧できるのも◎

デスクの奥はクローゼットで、そのさらに奥にバスルームがあります。

バスルームはバスタブ付き!

公式サイトの写真で見ると、スタンダードルームはベッドルームにシャワーブースが設置されているだけなので、スーペリアルームにして良かったです。

ヘアドライヤーもあります。

ちなみに、アメニティはシャンプー、コンディショナー、ボディウォッシュのみ。

歯ブラシは備え付けではありませんでしたが、今回は持参していたので大丈夫でした。

照明もオシャレ!滞在している間、キュンキュンしっぱなしでした。

一泊二日だったのが残念で、もっと滞在したかったくらいです…。

モントリオール観光にはオススメのホテルです。

またモントリオールに遊びに来れるなら、次もHotel Ambroseに泊まりたい!

 

info* Hotel Ambrose 

住所:3422 Rue Stanley Montreal Quebec Canada H3A 1R8

TEL:  (514) 288-6922  FAX: (514) 288-5757

公式サイト:Hotel Ambrose in Montreal

 

Pocket

ニューヨーク/Hampton Inn Times Square North

Pocket

ニューヨーク旅予約記事

 

Hampton Inn Times Square North

【8th Avenue沿いにあるのでわかりやすい】

2015/4/13(月)〜2015/4/15(水)、2泊3日利用。

ヒルトンホテル系列のホテルです。

1人での宿泊は21歳以上。チェックインは午後3時以降。

深夜の到着も、ホテルに直接連絡で対応してくれるとのこと。

エクスペディアで予約の場合は、エクスペディア経由での連絡でもOK。

Wi-Fiは宿泊者のみ無料。

※ログインにルームナンバーとラストネームが必要

チェックアウトは、午前10時です。

 

チェックインすると、シティマップとシティガイドをいただけました。

シティマップ、大活躍でした。感謝。

ホテルの1階には24時間利用可能な無料のコーヒー&ティーが完備。

ティーパックの種類も豊富で、緑茶があったのも嬉しかったです。

出かける前に利用して、コーヒー片手に街を歩けるので、飲み物代の節約になり大助かりでした。

 

部屋はカードキー。

朝食付、1人で宿泊なので大きいベッドひとつのバスタブ付スタンダードキングベッドルームを予約…したのですが。

チェックインしてみると、同値段だったツインクイーンベッドルームでした…。残念。

言えば変えてくれたでしょうが、飛行機の遅れであまり時間もなかったし、めんどくさかったので、そのまま滞在することに。

部屋からの景色は8th Avenue。

部屋に入ってすぐ、クローゼットがあります。

 

スライドドアが鏡になっていて、中にはアイロンとアイロン台、貴重品ロッカーが。

残念ながら、バスローブとスリッパはありませんでした。

部屋にはケーブルチャンネルが観れるテレビを挟んで、

キャリーバッグ置きとデスクが備え付け。

 空調は華氏表示なので、日本人にはわかりにくいかも。

 

さて、肝心のバスルームです。

清潔な洗面台に…

バスタブあり!良かった!

旅の裏目的は湯船に浸かることだったので、ひとまず安心。

日本の浴槽と比べてかなり浅いですが、広さはあるので寝風呂のような感覚で浸かれました。

アメニティは、シャンプー・コンディショナーとバスソープ、ハンドソープ。

歯ブラシや歯磨き粉、ヘアブラシなどはレセプションに言えばもらえます。

…が、なかなか壊れやすい歯ブラシだったので、気になる方は持参したほうがいいかもしれません。

洗面台にはドライヤーも付いています。

 

朝食は1階にあるビュッフェルームで。

自分でアレンジしたり、ワッフルを焼いたりできる、ちょっと楽しい朝ごはんでした。

ニューヨークDAY3記事参照

 

info* Hampton Inn Times Square North

住所:851 8th Ave, New York, NY, 10019 United States of America

TEL: 1 (212) 581-4100  FAX: 1 (212) 974-7502

公式HP:Hampton Inn Manhattan Times Square  North Hotel

 

ニューヨーク旅予約記事

Pocket

スポンサード リンク