カテゴリー別アーカイブ: イースターって何?

イースターの祝い方

Pocket

イースターの起源記事

 

グッドフライデーの金曜日から翌月曜日まで、カナダではEaster Holiday(イースターホリデー)と呼ばれる4連休です。

今年2015年は、4/3〜4/6まで。

※日程や名称について詳しくはイースターの起源記事へ

 

連休初日の金曜日、グッドフライデーにはhot cross buns(ホットクロスバン/バンズ)というイギリス発祥の菓子パンを食べます。

【ホットクロスバン】

レーズン等のフルーツとシナモン等のスパイスを練り込んだパンで、表面にアイシングなどで十字が描かれます。

この十字は、キリストが処刑された十字架を模しているんだとか。

イースターに由来するパンですが、年中食べられています。

私が買いに行ったパン屋さんには、チョコレート味のホットクロスバンも売っていました。

 

イースターのモチーフといえば、Easter Egg(イースターエッグ)と呼ばれるペイントされた装飾卵とそのイースターエッグを運んできてくれるEaster Bunny(イースターバニー)と呼ばれるウサギ

※モチーフの由来についてはイースターの起源記事へ

また、卵から孵ったヒヨコchick(チック)もイースターグッズには欠かせないメンバーです。

卵は新しい生命をイメージさせるので、キリストの復活を連想できるアイテムですね。

さらに、装飾卵は愛・富・幸運・繁栄の象徴。

子だくさんなことから、ウサギも繁栄の象徴とされます。

ちなみに、バニーは“ウサちゃん”のような幼児語。

なので、Easter Rabbit(イースターラビット)とも。

イギリスでは、野うさぎを意味してEaster Hare(イースターヘアー)と呼ぶんだそう。

【クリスピークリームドーナツ(カナダ)の
2015年イースター限定商品/ウサギのおしりが◎】

イースター本番の日曜日、イースターサンデー

子供たちは、Egg Hunt(エッグハント)という、親が家中に隠したイースターエッグ探しを行います。

なんだか、節分の豆まきに通じるものを感じます。笑

近年では、リアルなイースターエッグの代わりにチョコエッグやギフト入りの卵型ケースを利用するのが主流なよう。

可愛いパッケージのイースターチョコエッグやケースが、バレンタイン頃から売っています。

家族や親しい間柄で、カードやイースターエッグを贈り合ったりもするそう。

自分でペイントしたイースターエッグに限らず、こちらもお洒落なチョコエッグや卵型ケースに入ったギフトもアリ。

そのほか、丘の上から卵を転がすEgg Roll/Rolling(エッグロール)や、イースターエッグをのせたスプーンをリレーするEaster Egg  Spoon Race(イースターエッグスプーンレース)なんてゲームもあるようです。

 

気になるイースターのディナーは、やはり卵を使った料理

ペイント方法に注意が必要ですが、ゆで卵でイースターエッグを作ってディナーの時に剥いて食べるのもいいかもしれません。

イースターエッグを作る際、生の場合は小さい穴を作って中身を取り除くので、その中身を利用してオムレツやスクランブルエッグを作ったり。

卵のかたちをイメージしやすい、ゆで卵を使った料理としては、くり抜いた黄身でソースを作り白身に詰めなおすデビルドエッグ(スパイスや風味が効いていることを悪魔の仕業に喩えてdeviledとしているらしい)や、ゆで卵をそのまま入れたミートローフなどが親しまれているよう。

デビルドエッグは、生まれたてのヒヨコ風にしても可愛いですね。

【ゆで卵入りミートローフ/調理と写真by実妹】

カナダではターキー(七面鳥)を食べたりもするそう。

サンクスギビング(収穫感謝祭)、クリスマス、イースター、お祝い事はとりあえずターキーなカナダ。

翌月曜日、Easter Monday(イースターマンデー)はお休みのための日。

本来、イースターとは前後長期間に渡ってお祝いするもの。

その名残がイースターマンデーなんでしょうか。

イースターサンデーにハメを外しても安心ですね。笑

 

街にイースターのデコレーションやグッズが溢れたり、グッドフライデーとイースターサンデーにパレードが開催されるトロント。

とはいえ、多国籍都市なため住民の宗教もさまざま。

現在のイースターホリデーは、お祝いをする日というより、日本で言うところのゴールデンウィークのように単純に連休、休暇という意味合いが強い気もします。

 

イースターの起源記事

Pocket

イースターの起源

Pocket

イースターの祝い方記事

 

イースターとは、復活祭のことですね。復活祭?誰が復活?

ずばり、キリストの復活をお祝いするんだそうです。

イースターはキリスト教国共通の行事です。

 

キリストが処刑されたとされる“受難の金曜日”は、キリストが死ぬことによってキリストを信じた者たちのキリストを信じたという罪が赦されたという考えから、Good Friday(グッドフライデー/聖金曜日)と呼ばれるそうです。

その処刑から3日目の日曜日、なんとキリストは死から蘇ります。

その復活をお祝いするのがイースターの本番、Easter Sunday(イースターサンデー)です。

 

なぜ英語における復活祭の名称が「イースター」なのか。

キリスト教がゲルマニアに広まった際に、北欧神話(ゲルマン神話の一種)に出てくる春の女神・Eostre(エオストレ)に結びつけられたというのがメジャーな説なようです。

北欧神話における神々の存在は、キリスト教における神との関係性に問題を生じさせないのか、と疑問に思ったのですが。

北欧神話の神々はキリスト教が布教される以前より、宗教というよりゲルマン民族にとっての文化のようなものという解釈に私は落ち着きました。

新たな生命によって草木の芽吹く春に生まれ変わりや復活を見出し、

「春の訪れをエオストレに感謝したウサギたちが春色に塗り分けた綺麗な卵をプレゼントした」

という神話を復活祭の催しに反映させた、と言ったところでしょうか。

※復活祭の催しについて詳しくはイースターの祝い方記事へ

 

さて。イースターは毎年決まった日付ではありません。

「春分の日のあとに来る最初の満月から数えて最初の日曜日がイースターサンデー」

というルールがあるのです。

日本の法律における春分の日は、天文に基づき年によって3月20日or21日と異なりますが。

キリスト教では、春分の日は3月21日に固定されています。

なので、イースターサンデーは3/22〜4/24の間で毎年異なるのです。

さらに。

西ヨーロッパが属する西方教会(Western Chiristiany)と中東・ギリシャ・アナトリア・東ヨーロッパが属する東方教会(Eastern Chiristiany)でも日付が異なります。

元々、太陰暦というこよみで決められていたイースター。

西方教会は太陰暦の日付をそのまま現代の太陽暦に移し、3/22〜4/24の間に。

東方教会は太陰暦で数えた日を太陽暦に当てはめ、4/4〜5/8の間に。

それぞれの日取りでお祝いするわけですが、2014年、2017年、2025年のように重なる年もあるようです。

カナダでは、西方教会の日程でお祝いします。

 

イースターの祝い方記事

Pocket

スポンサード リンク