カテゴリー別アーカイブ: 海外生活小ネタ

クローネ?クローナ?ユーロ?北欧のお金

Pocket

 

北欧5か国である、アイスランド、ノルウェー、デンマーク、スウェーデン、フィンランド。

5か国間を周遊する際はシェンゲン協定により入国審査は基本的に免除されるので、「入国拒否されたらどうしよう…」というドキドキはしなくてすみます。笑

シェンゲン協定について⇒シェンゲン協定とは記事へ

ただし、5か国とも異なる通貨を使用しているため、現金は両替が必要。

尤も、北欧はキャッシュレッシュ社会なので、クレジットカードやデビットカードがあれば特に困ることもないですが、使用通貨が変われば日本円との為替レートも全く違ってくるので、旅行中の買い物時はレートチェックが必須です。

北欧5か国の使用通貨について、日本円との為替レート消費税率と一緒にまとめてみました!

 

アイスランド(Iceland)

アイスランドの使用通貨は、アイスランド中央銀行が発行・管理している自国通貨のアイスランドクローナ(íslensk króna)

ISKまたはkrと略され、複数形はクローヌル(Krónur)。

2007年までは1ドル=約60クローナでしたが、2008年の金融危機で1ドル=約125クローナになったことも。

2018年現在では、1ドル=約105クローナ前後まで回復・安定しています。

日本円とのレートは、100クローナ=約105円前後

以前は補助通貨オイラル(Aurar)の硬貨も、5オイラル、10オイラル、50オイラルの3種類が発行されていましたが、100オイラル=1クローナと少額のため、2003年に廃止されました。

現在は、500クローナ、1000クローナ、2000クローナ、5000クローナの紙幣4種類と、1クローナ、5クローナ、10クローナ、50クローナ、100クローナの硬貨5種類が流通しています。

消費税は25.5%だった頃もありましたが、2015年1月1日からの改正により、現在は消費税率24%となっています。

ただし、食料品や生活必需品、ホテル等の宿泊料に適応される軽減税率は、その際に7%から11%に引き上げられました。

 

ノルウェー(Norway)

ノルウェーの使用通貨は、ノルウェー銀行が発行・管理している自国通貨のノルウェークローネ(norsk krone)

NOKまたはkrと略され、複数形はクローナー/クローネル(kroner)。

私が訪れた2015年当時は10クローネ=約170円前後でしたが、2018年現在は10クローネ=約130円前後で落ち着いています。

1クローネ=100オーレの補助通貨オーレ(öre)硬貨は、2012年に廃止。

現在は、50クローネ、100クローネ、200クローネ、500クローネ、1000クローネの紙幣5種類と、1クローネ、5クローネ、10クローネ、20クローネの硬貨4種類が流通しています。

消費税率は25%

ただし、食料品や生活必需品には15%、公共交通料金、映画館や博物館、運動施設の利用料、ホテル等の宿泊料には12%の軽減税率が設定されています。

 

デンマーク(Denmark)

デンマークの使用通貨は、デンマーク国立銀行が発行・管理している自国通貨のデンマーククローネ(dansk krone)

DKKまたはkrと略され、複数形はクローナー/クローネル(kroner)。

ノルウェーと同じく補助通貨はオーレ(øre)で、1クローネ=100オーレ。

10クローネ=約150〜200円の間で推移しており、2018年現在は10クローネ=約170円前後

現在は、50クローネ、100クローネ、200クローネ、500クローネ、1000クローネの紙幣5種類と、50オーレ、1クローネ、2クローネ、5クローネ、10クローネ、20クローネの硬貨6種類が流通しています。

しかし、1983年に公開されたデビットカードによる電子決済システム“Dankort”が定着しており、政府も完全キャッシュレス化に向け2017年1月に新たな紙幣の発行を廃止および造幣局を閉鎖、なんと2030年には現金を完全に廃止することを決定済み。

デンマーク硬貨はデザインがすごく可愛いので、ちょっと残念な気もします…。

消費税率は25%

食料品や生活必需品の軽減税率は設けられていませんが、新聞や雑誌(月1回以上発行されるもの)のみ消費税率0%となっています。

 

スウェーデン(Sweden)

スウェーデンの使用通貨は、スウェーデン国立銀行が発行・管理している自国通貨のスウェーデンクローナ(svensk krona)

SEKまたはkrと略され、複数形はクローナー/クローネル(kroner)。

ここ10年は10クローナ=約100〜200円の間で振れ幅がありますが、2017年と2018年で見ると、10クローナ=約120〜140円前後

補助通貨はオーレ(öre)で、1クローナ=100オーレですが、50オーレ硬貨は2010年に廃止。

現在は、20クローナ、50クローナ、100クローナ、200クローナ、500クローナ、1000クローナの紙幣6種類と、1クローナ、2クローナ、5クローナ、10クローナ硬貨4種類が流通しています。

しかし、2012年にサービスを開始したスマートフォンの決済アプリ“Swish”の普及もあり、デンマークと同じくスウェーデンも著しくキャッシュレス化が進んでいます。

スウェーデンも、消費税率は25%

ただし、食料品や生活必需品のほか一部衣料品やレストラン、ホテル等には12%、公共交通料金、書籍や新聞、文化イベントやスポーツイベントの入場料などには6%の軽減税率が設定されています。

 

フィンランド(Finland)

北欧5か国のうち、EU(欧州連合/ヨーロッパ連合)に加盟しているのはデンマークとスウェーデンとフィンランドの3か国。

上記のとおり、2018年時点ではデンマークとスウェーデンは自国通貨を使用しています。

EUとユーロについて⇒EU?ユーロ?シェンゲン協定?欧州滞在基礎知識記事へ

そのため、フィンランドは北欧で唯一ユーロ(EURO/€)を採用している国です。

2013年から2015年にかけて1ユーロが約150円近くだったこともありましたが、2016年に決定したイギリスのEU離脱の影響もあり下落、2017年2018年は1ユーロ=約130〜135円前後で落ち着いている印象です。

消費税率は24%ですが、食料品購入や飲食店での代金には14%、ホテル等の宿泊料や公共交通料金、施設の入場料のほか本と薬は10%の軽減税率が設定されています。

フィンランドの消費税制に関してもう少しだけ詳しく⇒フィンランドの消費税記事へ

 

Pocket

あいさつは現地語で!北欧編

Pocket

 

旅行などで海外を訪れる際、英語が話せるとわりとなんとかなります。

今回のテーマである北欧諸国は特に、みなさん本当に英語が堪能。

それでも、「こんにちは」「すみません」「ごめんなさい」「〇〇ください(お願いします)」「はい」「いいえ」「ありがとう」くらいは、現地語で伝えるがモットーの私。

北欧5か国での言い方をまとめてみました!

 

アイスランド(Iceland)

アイスランドの公用語は、アイスランド語。

アイスランド語でアイスランドは Ísland(イースラント)、アイスランド語はÍslensku(イースレンスク)です。

そんなアイスランド語では…

こんにちは:Góðan daginn(ゴーザンダイェン)※おはようも同じ

すみません:Afsakið(アフサキズ)

ごめんなさい:Fyrirgefðu(フィリゲフス)

○○ください:○○ takk(タック)

はい:Já(ヤゥ)

いいえ:Nei(ネイ)

ありがとう:Takk(タック)
※Thank you very muchはTakk kærlega(タックキャエルレガ)

 

ノルウェー(Norway)

ノルウェーの公用語は、ノルウェー語。

ノルウェー語でノルウェーは Norge(ノルゲ)、ノルウェー語はNorsk(ノシュク)です。

そんなノルウェー語では…

こんにちは:Hei(ハイ) 

すみません:Unnskyld (ウンシル)

ごめんなさい:Beklager (ベクラーゲル)

〇〇ください:〇〇 takk(タック)

はい:Já(ヤー)

いいえ:Nei(ナイ)

ありがとう:Takk(タック)
※Thank you very muchはTusen takk
(テューセンタック)

 

デンマーク(Denmark)

デンマークの公用語は、デンマーク語。

デンマーク語でデンマークは Danmark(ダンマハク)、デンマーク語はDansk(ダンスク)です。

そんなデンマーク語では…

こんにちは:Hej (ハイ)

すみません:Undskyld(オンスキュール)

ごめんなさい:Undskyld(オンスキュール)

〇〇ください:〇〇 tak(タク)

はい:Ja(ヤー)

いいえ:Nej(ナイ)

ありがとう:Tak(タク)
※Thank you very muchはTusind tak
(チューセンタク)

 

スウェーデン(Sweden)

スウェーデンの公用語は、スウェーデン語。

スウェーデン語でスウェーデンは Sverige(スヴェーリエ)、スウェーデン語はSvenska(スヴェンスカ)です。

そんなスウェーデン語では…

こんにちは:Hej(へイ)

すみません:Ursäkta mig (ウーシェクタメイ)

ごめんなさい:Jag är ledsen(ヨー エー レーセン)

〇〇ください:〇〇 tack(タック)

はい:Ja(ヤー)

いいえ:Nej(ナイ)

ありがとう:Tack(タック)
※Thank you very muchはTack såmycket
(タックソミュッケ)

 

フィンランド(Finland)

フィンランドの公用語は、フィンランド語とスウェーデン語。

基本的にはフィンランド語ですが、駅名や全国流通の商品などはスウェーデン語が併記されています。

フィンランド語でフィンランドは Suomi(スオミ)、フィンランド語はsuomalainen(スオマライネン)です。

そんなフィンランド語では…

こんにちは:Moi (モイ)/ Hei (ヘイ)

すみません:Anteeksi(アンテークシ)

ごめんなさい:Anteeksi(アンテークシ)

〇〇ください:〇〇 Kiitos(キートス)

はい:Joo(ヨー)/Kyllä(キュッラ)

いいえ: Ei(エイ)

ありがとう: Kiitos(キートス)
※Thank you very muchはKiitos paljon(キートスパリヨン)

 

デンマークのHej(ハイ)やフィンランドのMoi(モイ)・Hei(ヘイ)は、「ハイハイ」や「モイモイ」「ヘイヘイ」と続けることで『バイバイ』の意味になるんだそう。可愛い。

北欧諸国は、そのほとんどがスカンジナビア半島に属し陸続きの部分が多いこともあってか、言語がなんとなく似ている印象。

『ありがとう』なんて、フィンランド以外ほぼ一緒です。

とはいえ、アイスランド語は特に読みも発音も難しかったり、ロシアなどの影響も受けているせいかフィンランド語は少し個性的だったり。

言語はコミュニケーションのためのツールですが、それと同時にその国のカルチャーでもあると思います◎

 

Pocket

フィンランドの消費税

Pocket

 

フィンランドはEU(ヨーロッパ連合)加盟国。

通貨もEURO(€/ユーロ)を採用している国です。

EU?ユーロ?シェンゲン協定?欧州滞在基礎知識記事へ

 

しかし、税制はもちろんフィンランド独自のもの。

価格表記は税込ですが、レシートなどに内訳を記載することが法律で定められています。

レシートを見ると、消費税はALV(alv)と表記されています。

フィンランドの消費税制は付加価値税。

Arvonlisävero(アルヴォンリサヴェロ)の略称で、英語圏でVAT(Value-added tax)と表記されるのと同等の意味です。

3段階に分かれているので、ALVではなくVERO1V1などと表記されている場合もあります。

veroとは、フィンランド語で『税』の意味です。

2017年現在の税率は、2013年に引き上げられたもの。

VERO1(V1)は基本の税率で、24%。

VERO2(V2)は食料品や飲食店での税率で、14%。

VERO3(V3)は宿泊料や鉄道料金、施設の入場料のほか本と薬にも適用される税率で、10%。

医療費や社会保障サービス、教育などは税金免除です。

酒やタバコは、それぞれ酒税とタバコ税も加算されます。

 

ちなみにチップについては、飲食店やタクシーなどサービス料込みの価格なので特に払わなくて大丈夫。

ただし飲食店やタクシーで良いサービスをしてもらったら、コインで1〜2ユーロを渡すのはアリ。

なので、現金で支払う場合はキリのいい金額を払ってお釣りはもらわない、くらいが良いと思います。

 

Pocket

ダウンタウンのお出かけスポットinトロント

Pocket

 

トロントのダウンタウンで遊ぶ定番の場所といえば、ショッピングモールEaton Centre(イートンセンター)。

【google map】

地下鉄Dundas駅からQueen駅までの一駅分に広がっているショッピングモールなので、どちらの駅も最寄駅。

週末になると何かしらのイベントが行われている、Dundas Square(ダンダススクエア)のお向かいです。

ちなみに、映画『SUICIDE SQUAD(スーサイド・スクワッド)』のロケ地だったトロント。

ダンダススクエアもイートンセンターも映っているので、チェックしてみてください。笑

 

カナダブランドのrootsはもちろん、ハイブランドからファストファッション、本屋さん、ブルージェイズの公式ショップ、ディズニーストア、アップルストア、フードコート、ドラッグストア、おみやげ屋さん…と、一通りのものがここで揃ってしまいます。

地下階は地下鉄駅と直結で便利、地上階は吹き抜けで開放的です。

毎年違うツリーが飾られるクリスマスのデコレーションも見もの。

Queen Streetを挟んだ向かいある、カラフルなオリジナルグッズが可愛いカナダの百貨店HUDSON’S BAY(ハドソンズベイ)へも連絡通路で繋がっています。

ダウンタウン中心部から少し離れますが、ファストファッションや日用品などの買い物には、地下鉄Dufferin駅近くのDufferin Mall(ダファリンモール)もオススメ。

スーパーマーケットのNo FrillsやWalmartも入っていて便利です。

【google map】

 

イートンセンターからは、旧市庁舎Old City Hall(オールドシティーホール)と新市庁舎City Hall(シティーホール)もすぐお隣。

2015年、シティーホール前の広場に出来た『TORONTO』のサインは、新たなランドマークとなりました。

広々とした噴水は、冬になるとスケートリンクになります。

カナダのソウルフードであるプーティンを食べるなら、この広場沿いの道路に並んでいるトラックで販売されているものが、シンプルイズベストの美味しさなのでオススメです。

 

古着や雑貨が好きなら、Kensington Market(ケンジントンマーケット)へ。

Spadina Avenueのチャイナタウンから少し入ったところにあるエリアです。

個人経営の小さい店舗が多いですが、入るのに勇気が出ない場合は、ヴィレッジバンガードのような店舗のBlue Banana(ブルーバナナ)から慣らしていく手もあります。笑

オシャレなカナダグッズやトロントグッズも見つかりますよ〜。

Blue Banana Market

Location:250 Augusta Avenue, Toronto

【google map】

Blue Banana Market公式サイト(英)

ケンジントンマーケットにはオシャレなカフェもたくさんあるので、ショッピングの休憩にぴったり。

私のお気に入りは、スウェーデン語で「お茶する」を意味するFIKA(フィーカ)というカフェ。

コーヒーももちろん美味しいですが、ラベンダーホワイトホットチョコレートとティーラテが個人的にはオススメです。

店内のフリーWiFiも、FIKA CafeのFacebookページにチェックインすれば使えます。

FIKA Cafe

Location:28 Kensington Avenue, Toronto

【google map】

FIKA Cafe公式サイト(英)

 

映画を観るなら、Imagine Cinemas Market Square(イマジンシネマ・マーケットスクエア)へ!

以前は、Rainbow Cinemas(レインボーシネマ)のグループでしたが、イマジンシネマになったようですね。

映画館は他にもたくさんありますが、日本のように料金一律ではないトロント。

映画館会社によって料金は様々ですが、基本的に日本の映画館より安いです。

例えば、ダンダススクエアの10 Dundas Eastにも入っているCINEPLEXは、通常料金が$13.50。

映画が安くなる毎週火曜日で$7.99です。

もちろん、3DやIMAXでの上映はさらに料金が上がります。

そんな中でも、さらにお得なイマジンシネマ・マーケットスクエア。

レインボーシネマだった頃から変わらず通常$10毎週火曜日は$5で映画が観れちゃいます!

館内は昔ながらの映画館といった感じなので、3D上映などはありませんしCINEPLEXでないと上映されない作品もあります。

ファミリー向け作品が多めのラインナップという印象。

『CINDERELLA』『TED 2』『PADDINGTON』…と、私が観たい映画は上映されていたので、映画を観るときはレインボーシネマ一択気味でした。

館内のレトロな雰囲気もお気に入り。

トロントの台所、St Lawrence Market(セントローレンスマーケット)のすぐそばなので、フードコートの新鮮なシーフードをいただいてから映画鑑賞なんてルートも◎

Imagine Cinemas Market Square

Location:80 Front Street East at Jarvis, Toronto

Imagine Cinemas公式サイト Market Squareページ(英)

 

以上は私がよく過ごしていた場所ですが、博物館・美術館やハーバーフロントエリアなど、トロントの楽しいスポットはまだまだありますよ〜。

博物館・美術館について⇒無料!?トロントの博物館・美術館 記事へ

ハーバーフロントについて⇒トロントはハーバーフロントが楽しい記事へ

 

Pocket

トロントはハーバーフロントが楽しい

Pocket

 

トロントのダウンタウンで街遊び!となると、Bloor-Yonge駅やDundas駅周辺の中心エリアでショッピングやカフェ…になりがち。

たまには、ほんの少しだけ南へ足を伸ばして、Union駅周辺のランドマークへ遊びに行ったり、オンタリオ湖畔のウォーターフロントでまったり過ごすのもオススメです。

ハーバーフロントエリアへは、トロントの地下鉄最南のUnion駅が最寄り。

Union駅は長距離鉄道や空港特急の発着駅というターミナル駅の印象が強いですが、プロスポーツの試合会場であるエアカナダセンターやロジャースセンター、そしてトロント最大のランドマークであるCNタワーに直結しており、エンターテインメント地区の一部でもあります。

CNタワーについては⇒お得にCNタワー!360レストラン記事へ

CNタワーのお隣は、Ripley’s Aquarium(リプリーズ水族館)。

家族連れで混み合う大人気スポットですが、平日夜は比較的ゆったり見て回れるうえ、午後7時以降の夜間営業は$5オフで入場できてお得です◎

チケットは当日に窓口や券売機で購入できるほか、オンラインでも購入できるので、日中に訪れる際は事前購入しておいた方がいいと思います。

また、休館日や閉館時間が早い日などもあるので、事前に公式サイトにあるスケジュールのチェックはお忘れなく。

心なしかブチャイク顔のお魚たちが多めだと感じました。可愛い。

ちびっこのプレイグラウンドエリアもあります。

ハイライトは、デンジャラス・ラグーン!

動く歩道に乗って水槽のトンネルを通り抜けます。

デンジャラスの由来はずばり、サメがいっぱい泳いでいるから!

水圧タンクなども隠すのではなくカラフルにして見せているのが、テーマパークのアトラクションみたいで私のお気に入りポイントです。笑

Ripley’s Aquarium of Canada

Location:288 Bremner Boulevard, Toronto

【google map】

Ripley’s Aquarium of Canada公式サイト(英)

 

CNタワーとRipley’s水族館のすぐ近くには、ビール会社Steam Whistle Brewingの醸造所があります。

スチームホイッスルはトロントの地ビール。

ラガービールの中でもピルスナースタイルのビールで、あっさりとはしながらもキリッとした苦味がしっかりしている印象です。

緑の瓶と汽笛のイラストが可愛いので、展開されているTシャツなどのグッズもオシャレ。

レンガ作りの醸造所はカナディアンパシフィック鉄道の機関車操作場跡を利用していて、醸造所前の広場には踏切や機関車がそのまま展示されています。

スチームホイッスルの醸造所は、ガイドツアーに参加して中を見学することができます。

見学ツアーは有料ですが$10〜とお手頃な値段で、所要時間は30分程度。

事前にスチームホイッスルのサイトにある「TOUR」の項目から、人数・日時・グッズを選んで予約しておきます。

選んだグッズによって料金が変わり、グッズが要らなければ$10です。

選べるグッズは瓶ビールセットや缶ビールセット、グラスや栓抜きなど。

私は栓抜きを選びました。ちょうど持ってなかったので。笑

ありそうであまりない色味で、インテリアとして飾っても可愛いです。

エントランスに入ると大きなタンクがお出迎え。

エントランスのエリアはパブとしても営業しているので、プレッツェルなどのスナックと一緒にビールパイントを楽しむこともできます。

ガイドツアーの受付を済ますと、早速、試飲ビールをふるまってくれます。

試飲ビールは、ツアー参加をしなくても1杯無料でいただけるそう。

ガイドツアーが始まると、そこでも瓶ビールが渡され、ビール片手に醸造所内を見学します。

会社の歴史、ビールの作り方、瓶の回収・洗浄などリユース方法など、明るいガイドさんが解説してくれます。

もちろん英語での解説なのでリスニングは大変でしたが、10名以下の少人数ツアーなので、質問もしやすいです。

作業員さんたちが、音楽をかけながら楽しんで働いてる感じが素敵でした◎

Steam Whistle Brewing (brewery)

Location:255 Bremner Boulevard, Toronto

【google map】

Steam Whistle Brewing公式サイト(英)

 

Union駅周辺からオンタリオ湖に向かって少し歩くとすぐ、ウォーターフロント。

コンドミニアムが立ち並ぶ住宅街でもあり、綺麗に整備されています。

ホットドッグなどのワゴンがあったりして、ゆっくりお散歩が気持ちいいです。

でも、ジョギング中やロードバイクの方も多いので要注意。

water taxiの乗り場があったり。

ボートも借りられます。

トロントアイランドへ向かうには、フェリーが手軽で安いです。

トロントアイランドについては⇒トロントアイランドでレンタサイクル記事へ

海には面していないトロントですが、海かと見間違うようなオンタリオ湖のおかげで、夏のレジャーも意外と楽しめます。

 

Pocket

スポンサード リンク